リアガラスが割れたら応急処置を!方法と修理費用を解説

雑学

フロントガラスは、ガラスの構造上、飛び石などで傷が出来てもバラバラになることがありません。

しかし、バック中の不注意などで後ろのガラス(リアガラス )が割れてしまった場合は、ガラスがバラバラになってしまうことがあります。

リアガラス が割れてしまうと、防犯の面や、安全面でも不安が大きくなりますよね。

今回の記事では、リアガラスが割れてしまった時の応急処置・NG行動と、修理にかかる費用についてご紹介していきます。

リアガラスが割れても走行はできる

思わぬ事故やアクシデントでリアガラスが割れてしまったとしても、走行すること自体は可能です。

ただし、リアガラスは「強化ガラス」という特殊加工のされたガラスであるため、事故などで割れた場合は粉々になって飛散する可能性が高いです。

また、割れたリアガラスから吹き込む風が、走行中に車内の荷物や割れたガラスの破片などをまき散らしてしまう可能性があります。

リアガラスが割れてしまった場合、そのままの状態での長距離・長時間の運転はしないようにしてください。

必ず応急処置をして、早めにディーラーやガラス修理の専門業者に依頼をしてください。

リアガラスが割れたままの状態で走行する危険性

車の種類やリアガラスの形状によって風の影響が変わるので、危険度も違います。

ミニバン・ワンボックスなど、リアガラスが地面に対して垂直な車種は風の影響が少なく、比較的安全に走行することができます。

セダンやクーペなど、リアガラスが地面に対して垂直ではなく傾いている車種は、車内に風が吹き込みやすい形状であるため、危険性が高くなります。

いずれにせよ安全性においてはかなり低い状態にあるので、風の影響が強い車では特に、以下のポイントに気を付けてください。

【走行前】

  • 応急処置を行ってから走行する
  • 小物やガラス片などは車内から出しておく

【走行中】

  • スピードを出しすぎない
  • できるだけ窓を開けない

応急処置をしておくことで、自分はもちろん、周囲への危険も減らせます。詳しい応急処置の方法は以下の通りです。

リアガラスが割れたときの応急処置

リアガラスが割れてしまったら、まずは、

  • ガラスの破片を綺麗に掃除する
  • 車内のものを低い位置またはトランクルームに移動させる

この2つを行ってください。

リアガラスが割れてしまったあとに気をつけたいのが「走行風による被害・二次被害」です。

ガラスの大きさや傾斜の程度にもよりますが、リアガラスが割れたまま走行すると、走行中の空気抵抗によってガラスの破片が周囲に飛び散ったり、車内のものが後続車へ飛来してしまう恐れがあります。

段ボールで覆う

段ボールを使用して車内に風が侵入するのを防ぎます。

湿気に弱く、衝撃に耐えるほどの強度はありませんが、リアガラスにヒビが入っている状態で運転をすると、車内に風が入ってきてしまいます。
段ボールが飛んでいかないように、しっかりとガムテープで固定しましょう。

ブルーシート・ビニールで覆う

ブルーシートまたはビニールでリアガラスを覆うようにしましょう。きちんと固定すれば風だけでなく雨も防げます。

リアガラスが割れてしまったときのNG行動

リアガラスが割れたときのNG行動は以下の3つです。

  • ヒビ、傷、損傷がひどい状態で公道を走行し続ける
  • 高速道路を走行する
  • サイドの窓を開けて走行する

ヒビ・傷・損傷がひどい状態で公道を走行し続ける

ヒビが入ったガラスで一時的に公道を走ることは可能ですが、その状態での長期的な走行や、周囲に危険を及ぼすと判断された場合は違反になってしまいます。

業者やディーラーに持って行く際の応急処置であれば考慮の余地がありますが、ビニールや段ボールを貼り付けた状態で長期的に走行し続けるのはNGです。

また、道路運送車両法41条の保安適合品を使用するパーツの記載があり、その中の1つにリアガラスが挙げられています。
つまり、リアガラスの部分に保安適合品以外が使用されていた場合、基本的には違反になってしまうのです。

高速道路を走行する

そもそも、リアガラスが割れたままの状態で、スピードを出した走行は危険です。

もちろん、できるだけリアガラスが割れた状態での走行は避ける方がベターですが、どうしても走行しなければならないときや、最寄りのサービスエリア、または最寄りの出口からディーラー・業者の元へ車を移動する際には、できるだけゆっくり走ることを心がけてください。(最低速度より下回る速度にならないように注意!)

サイドウィンドウを開けて走行する

リアガラスの開口部から入り込んだ突風がサイドの間から抜けていくと、車体が不安定になってしまいます。

段ボールなどでリアガラスを必ず塞ぎ、ゆっくり走行することを心がけてください。

リアガラスの交換費用と期間

リアガラスが割れたら、必ずディーラーや専門店へ交換をお願いしてください。交換費用は、【軽自動車】と【普通自動車】で変わってきます。

交換費用

  • 軽自動車…5万〜7万円
  • 普通自動車…7万〜10万円

リアガラスはアンテナや熱線があるため、普通のガラスより費用は高いです。

交換にかかる期間

お店にもよりますが、朝に預ければ、その日の夕方には修理・交換が完了する場合がほとんどです。

交換できるガラスの在庫がお店にあるかなど、状況によって異なりますが、時間がかかったとしても、3日以内には作業が完了するでしょう。

必要であれば、代車を無料で貸し出してくれるお店もあります。

リアガラス が割れてしまったら専門業者にすぐに行くのが◎

リアガラスが割れた状態での走行は非常に危険です。

リアガラスが割れてしまったら早めに専門業者へ依頼し、リアガラスの修理、または交換をしてもらうようにしてください。

最後に

今回の記事では、リアガラスが割れた際の応急処置の方法についてご紹介しました。

リアガラスが割れたままの状態で長時間・長距離を走行するのは危険なので絶対に避けてください。

どうしても運転しなければならないときは、手袋や防塵眼鏡など着用したうえでダンボールなどで車内に風が入らないようにリアガラスの面を塞ぎ、できるだけゆっくり走るように心がけましょう。

段ボール・ビニールでリアガラス部分を覆ったあとの走行は、後方の車や歩行者に充分な注意を払ってくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧