車のブレーキが効きにくくなっている原因と対処法|効きにくいと感じたらすぐに修理へ

トラブル

ずっと同じ車に乗っていると、突然ブレーキの効きが悪くなったり、ブレーキの効きに違和感を覚えたりすることが増えてきます。

車のブレーキの不具合は、事故につながる原因になりかねないほか、ブレーキシステムは車の安全において最も重要なシステムのうちのひとつです。

今回は、ブレーキの効きが悪くなってしまう原因とそれぞれの原因に対する対処法を紹介していきます!

ブレーキが効きにくくなっている原因

ブレーキの不具合は機械的な原因によるものがほとんどですが、きちんとメンテナンスをしていても発生してしまうことがあります。

ブレーキパッドが摩耗している

ブレーキをかけるときに異音がする場合はブレーキパッドが摩耗していることが考えられます。

ブレーキパッドの摩耗が片側だけ著しくすり減っている可能性もあり、ブレーキのかかり具合にズレが生じている状態になってしまっています。

ブレーキパッドの交換は、3~4万キロの走行後が目安ですが、普段の運転の仕方や環境によっても変わってくるので、定期的にチェックするようにしてください。

ブレーキパッドの交換が必要な場合、交換費用と部品代で1セット約1万円全てを交換すると約4万円ほどとしているところがほとんどです。

ブレーキパッドを純正のものにするかどうかで費用も変わってきますが、車の部品交換としては手ごろな価格帯であると言えます。

ブレーキオイル(ブレーキフルード) にトラブルが発生している

車のブレーキは油圧式であるため、ブレーキオイルの状態はブレーキに大きく影響します。

  • ブレーキオイルに空気が混入している
  • ブレーキオイルが劣化している

ブレーキオイルは、長年交換しないままでいると徐々にオイルが水分を含んだ状態になっていきます。

オイルに水分が含まれてしまうと沸点が下がってオイルそのものが沸騰しやすくなり、気泡ができやすくなる状態になります。それに伴ってブレーキの効きも悪くなっていくのです。

また、オイルに水分が入り込んでしまう原因のひとつには、オイル交換時に空気が入ってしまうケースも挙げられます。

後述する「ベーパーロック現象」を引き起こす原因でもあるので、長年オイルを交換してこなかった場合だけではなく、交換してすぐの場合でもブレーキオイルが原因でブレーキの効きが悪くなってしまうケースもあります。

ブレーキオイルの交換をする場合、交換費用とオイル代で約5,000円ほどとしているところが多いです。

車検時に交換をしておけばもっと安くなることもありますが、違和感を覚えたら出来るだけ早いうちに交換することをお勧めします。

ブレーキローターの表面にトラブルが発生している

ブレーキローターの表面が波打った状態になっているバイ、ブレーキパッドとブレーキローターが上手く密着しないため、ブレーキを踏んだ際に振動したり上手く減速できなくなってしまったりすることがあります。

ブレーキローターの交換時期の目安として、

  • フロントブレーキ:10万km
  • リアブレーキ:15万km

と捉えておいてください。

ただし、ローターの表面の皮膜が最初から均一ではなかったり、何かしらの不具合があったりすると、早い段階で波打ってしまうこともあります。

万が一ブレーキローターが波打ってしまっても、研磨することで対処できますが、ローターの厚みが足りない場合は新品への交換が必要になるケースがほとんどです。

ブレーキキャリパー に汚れ・不具合がある

ブレーキキャリパーは、ブレーキパッドをブレーキローターに押さえつける役割を持っています。

摩擦によって制動しているため、このブレーキキャリパーに汚れや不具合があると、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。

ブレーキキャリパーの交換をする場合、交換費用と部品代で1つ約1~3万円、全てを交換すると約5万円程度と設定されているところが多いです。

ブレーキキャリパーはグレードによって交換費用が跳ね上がってしまう部品でもあるので、よく吟味するようにしてください。

フェード現象・ベーパーロック現象の影響

下り坂でフットブレーキを多用することによって起きる現象が、ブレーキの異状を引き起こしている可能性もあります。

フェード現象】

下り坂で長い時間フットブレーキを多用すると起きる現象。ブレーキパッドの耐熱温度後を超えてしまうため、摩擦が効かなくなる。

【ベーパーロック現象】

下り坂で長い時間フットブレーキを多用すると起きる現象。ブレーキ液に気泡が発生することによってブレーキフルードに油圧が伝わらず、摩擦が効かなくる。

両者どちらも突然ブレーキが効かなくなる現象です。突如として出くわすアクシデントであり、命の危険にもつながる現象なので、今一度よく覚えておきましょう。

どちらの現象も、定期的なメンテナンスを行うことで未然に防ぐことができます。

違和感を覚えたらすぐにプロへ依頼を

ブレーキにはいくつもの部品が使われているため、整備士などの専門家に点検をしてもらないとわからないことが多いです。

ABS搭載車でない限り、急にブレーキの効きが悪くなったように感じたらブレーキシステムに異状が発生している可能性があります。

ブレーキシステムは車の制動に欠かせないシステムです。違和感を覚えたり不具合が見つかった場合は、できるだけ早めに対処をしてください。

修理費が高い場合は乗り換えの検討も

安全な運転を続けていくためにも定期的にメンテナンスをおこなうブレーキに違和感を覚えたらすぐに点検に行くなど、早めの対応・対策をとっておきましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧